LINEで送る
Pocket

一部のブログで、SPIKEの誤った利用方法を伝えており、不正利用及びユーザ様の与信の毀損につながる危険性があると判断したため、担当弁護士と相談し利用規約を改定し、自己登録商品の購入などを含めた「架空取引の禁止」を明示いたしました。サービス利用開始直後での改定になってしまいご迷惑をお掛けして大変申し訳ありません。

当初からご自身の商品は購入できない旨のエラーメッセージを購入画面には表示し、その迂回を試みようとする場合には手動と自動で検知を行いアカウント凍結の対応を取らせて頂いておりました。また、実際にご利用頂いた方であれば販売価格の設定は300円から3万円が上限であり「10万円の商品」は作れないことはご存知かと思います。外部の方にサービスが誤った解釈をされてしまい、ユーザ様自身の与信を毀損する結果になる行為を誘うような内容が掲載されていたのは非常に残念に思いますし、説明が不足していたと反省しております。

ただ、システムとは別に規約では禁止行為として文章で明示しておらず、一部のユーザ様にあいまいさを残す形でのご提供になってしまいご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びいたします。本日その旨を追記の上、利用規約を改訂しユーザ様にはダッシュボードにて告知させて頂いております。

プロダクト準備の段階から「安全性を損なわずにより多くの人に簡単に安価に使ってもらうにはどうしたら良いか」という観点から社内外を含め半年以上議論を続けてきました。そのためにはこれまで人間が手動かつ目視で行ってきた不正検知プロセスを、システムとアルゴリズムによって自動化し、かつ同水準のクオリティを担保するという課題に取り組む必要があり、今もそのブラッシュアップを毎日続けております。その点がサービスのコアではありますが、今回はそういった点も含めて説明不足であったと感じております。

リリース間もないサービスをご信頼頂くためには、ひとつひとつすべての問題に対応し、実績を積み重ねていかなければならないことはよく理解しているつもりでした。それがこれまでとは違う道であればなおさらですが、すべて私の認識の甘さと自戒しております。

サービスが実現したい理想は絶対に曲げることができない存在価値そのものではありますので、そこから発生する内部的な課題や外部的な軋轢もすべて覚悟した上で、今後もより使いやすいサービスになるよう引き続き改善に全身全霊で努めていきたいと思います。まだ至らないことだらけではありますが、SPIKEを今後ともよろしくお願いします。

株式会社メタップス 代表取締役 佐藤 航陽

LINEで送る
Pocket